久し振りに立て目ベンツ280CEをリフレッシュしました。


半年ぶりに280CEを引っ張り出しました。昨年車検を受けてから、休眠中でした。露天プラスカーカバーでの保管でしたが、リヤウインドーのウェザーストリップが終わっていました。早速パーツを手配して、知り合いのガラス屋さんに連絡を入れて助けて貰う事にしました。交換にはガラスの取り外しが必要です。流石プロです。手馴れた手付きでモールを外し、古いゴムを取り外して行きます。ガラスを一時、取り置き、新しいゴムを入れ、シーリングを施し、ガラスを戻します。作業的には4時間位でしょうか?ガラス屋さん曰く、最近の若い者は古い車は作業をやりたがらない、時間が掛かり、手が汚れるからと言っていました。新しい車であれば同じ作業でも1時間位で終了するそうです。この時代のベンツはコストが掛かっていてとても良い作りをしてるんだけどね?仕事としては合わないそうです。以下が作業の流れの写真です。

R0010733.JPG
広いトランクです。ラックスマンのアンプは作業途中です。
R0010736.JPG
ボロボロのゴムです。
R0010739.JPG
R0010742.JPG
R0010756.JPG
R0010762.JPG
R0010769.JPG
R0010776.JPG
無事に交換終了です。




現在、コメントフォームは閉鎖中です。


有限会社プランシングホース TEL:03-5310-5577 FAX:03-5310-1722 Mail:info@p-horse.com