ポルシェ964カレラ4


アメジストの964カレラ4です。車検を取ってからなるべく乗るようにしています。

エンジンスタート直後のエンストもアイドルバルブのお掃除で大部良くなって来ました。

谷原のおじさんの所まで試運転です。

走行は177645kmになりましたがエンジンの調子は良くなっています。

谷原のおじさんはテスタロッサのタイミングベルトの交換していました。

テスタロッサはサブフレームが切れるのでフレームごとエンジンを降ろせます

既にタイミングベルトは交換されていました。

テスタロッサのエンジンルームです。

12気筒のエンジンは大きくて重いので脱着は大変そうです。

365GT4のエンジンです。基本的にはデイトナのエンジンと同じタイプです。

やはり、ヘッドガスケット抜け?水が減る様です。^^;

修理はエンジン降ろしが必要になります。

結果的にはエンジンOHになります。 フロントボンネットを外すだけでも人手が3人は最低でも

必要です。時間が掛かりそうです。

964C4は社外のクラッチが装着されているので若干、重めですがそれ以外はエアコンも効き

高級オーデイオの装着されているので御機嫌な車です。

整備が終わったら空冷ポルシェに乗りたい方に試乗して頂ければと思います。

 




現在、コメントフォームは閉鎖中です。


有限会社プランシングホース TEL:03-5310-5577 FAX:03-5310-1722 Mail:info@p-horse.com