1970年ポルシェ911T


午後からカイエンターボの名義変更で練馬陸事です

帰りに谷原のおじさんの所によりおじさんをピックアップしました。

911Tの納車整備をお願いしました。

先ずは手元のスロットル調整用のレバーの修理からです。

シフト回りの分解からです

レバーに繋がっている樹脂が経年劣化で割れてしまってアクセルワイヤーが外れています

新旧の比較です。取り替えてワイヤーを繫いで終了です

エンジン調整及び、リアフードのキャッチの調整、窓レギュレーターの調整などお願いしました。

ショーールームが広くなったので久しぶりにF40のエンジン始動です

エンジンを掛けると車高調付きなので車高が瞬時に上がります。

15分ぐらい暖機して上げました。本来ならば外に出して30分位走行するとベストなのですが?

そこまで元気が有りませんでした。

元気が無いと思って事務所の壁を見たらこんな詩が貼って有りました。

アメリカの詩人のサミエル ウルマンの詩です。マッカーサー元帥の部屋に飾って有った

詩? そんな事を聴いた事が有ります。もう一頑張りしたいと思います。^^;




現在、コメントフォームは閉鎖中です。


有限会社プランシングホース TEL:03-5310-5577 FAX:03-5310-1722 Mail:info@p-horse.com