フェラーリ308GTS


野田市のやまぼうしです。すっかり冬景色?

ここでランチです。

バタートーストのセットです。

コーヒーは店長、お薦めのブラジルの豆です。店長、自らブラジル迄行って仕入れて来たそうです。

ゆったりした時間を過ごさせて頂きました。

ランチの後は308GTSの搬出です。フェラーリーコーナー?

79年モデルの308GTSです。US並行車です。初年度登録は平成元年です。

日本が丁度、バブル真っ最中に時に輸入された1台です。

エンジンを軽く、暖機してスタートです。キャブ車なので暖機しないとエンストします。^^;

若干のキャブ調整は必要ですが快調に走ります。 合格?

4号線から草加で外環に入ります。

ヒーターも良く効き、快適なドライブです。エンジン、ミッション共に良好です。

足回りはリニュアーされているので直進性も良く、とての安定した走りです。この年代のフェラーリ

は空冷ポルシェ同様にサイズ感が良いです。キャブに吸気音も良いです!

ついアクセルを踏む足にも力が入ります! 気持ち良いです!

水温、油温、オイルプレッシャー、その他も全て正常です。

帰りに谷原のおじさんの所に行き、一通り見てもらいました。

車、大好き中学生の井上君も遊びに来ていました。

純正のエアークリーナー付き

ラジエターはコア増しして有ります。オーバーヒート対策? 燃料ライン、ホースなど全て

交換済です。

外装は同色で剥離ペイントされています。内装も張替え済みです。基本的にはオリジナルです。

いい感じに仕上がっています。キャブにジェットを交換して調整すれば吹き上がりも良くなって

普通に乗れそうな車です。

 




現在、コメントフォームは閉鎖中です。


有限会社プランシングホース TEL:03-5310-5577 FAX:03-5310-1722 Mail:info@p-horse.com