空冷ポルシェ オイル漏れ


オイル漏れの修理でお預かりしている964です。 結局、タペットカバー、タイミングチェンカバー

及びその回りのシールからのオイル漏れでした。

写真のガスケットを交換する為にはエンジンを割る様です。

ここまですると次いでにが沢山出てきます。^^;

こんな感じです。エンジンルームのインシュレーターはこの時で無いと交換出来ません。

前回の修理? シーリング剤がてんこ盛りでした。

会社に戻りカレラ4GTSの車検準備です

すれ違いライトが右側通行用なので切り替えました。

取説を見て

レバーを左側通行用に切り替えました。

エンジンを掛けてライトオンです。

ライトのカットがフラットになりました。

ごれで車検は大丈夫です。




現在、コメントフォームは閉鎖中です。


有限会社プランシングホース TEL:03-5310-5577 FAX:03-5310-1722 Mail:info@p-horse.com