先週のオークションの話です。


先週のオークションの話ですが、テスタロッサと996のMT車を仕入れました。取り合えずテスタロッサに乗って帰る事にしました。エンジン、ミッション共に絶好調で新車の雰囲気が残っていたので、御機嫌で何時も寄る、七光台温泉に寄ってしまいました。これが間違いの始まりでした。お風呂を上がり、アイスクリームを頂、御機嫌でテスタに乗り込み、途中ガソリンを補給して、流山インターに向かう途中で事件は起きました。夕暮れ時だったのでライトを点灯していたら、突然、メーターの照明が消えました。同時にパワーウインドー、その他全ての電装品が死にました。しかし、エンジンだけは動いています。ラジエターの電動ファンは死んでしまったので水温が高めです。取り合えずファミレスの駐車場に止めて、エンジンルーム及び、ヒューズボックスの点検をすると、ヒューズボックスのメイーン電源の片方のコネクターが基盤から外れいました。その場で修理は不可能なので、入会してから30年も経っているJAFを
呼びました。レッカー到着まで1時間半、その間、車好きのおじさんが話しかけて来て、レッカーの到着まで相手をしてくれました。意気投合で名刺交換までして、何と、お友達になってしまいました。(笑)
こちらが鬼門のヒューズホルダーです。

R0011023.JPG
R0011024.JPG
R0011025.JPG
3本足の部分が基盤から外れていました。ハンダ付けをして修理完了でした。お友達の車屋さんから、古い車を買ったら、温泉に寄らずに真っ直ぐ帰りましょう!
このテスタ、88年の後期モデルのD車で走行は13000KM実走です!HPにアップしますので乞う御期待。




現在、コメントフォームは閉鎖中です。


有限会社プランシングホース TEL:03-5310-5577 FAX:03-5310-1722 Mail:info@p-horse.com